ジェイコムを解約して地上波を観る方法まとめ

ジェイコムを解約して地上波を観る方法 未分類

ジェイコムを解約したら地上波が観られなくなるのか?

誰しもが一度は疑問に思う問題かどうかは知りませんが、実際にどうやって確認するのかまとめます。

ジェイコムを解約しても地上波が映るか確認する方法

アパートやマンションの場合の一番カンタンな確認方法

今ジェイコムを使っているのなら、テレビの近くにあるSTBと呼ばれるチューナーに同軸ケーブルがつながっていますので、それをチューナーから引き抜いて、テレビの裏を確認し、地デジと書かれている所に刺さっているチューナーからつながっているケーブルを抜いて、その穴に差し込みます。

 

つまり、コンセントの横らへんにあるTV端子の穴とテレビを直接つなぐワケです。これでテレビを普通の地デジ視聴状態で映るか確認します。

これで映ればジェイコムを解約してもテレビが映りますし、運が良ければBSも映ります。

ジェイコムをやめたらテレビが映らなくなると誰かに言われて不安だと思いますので、とりあえず、ジェイコムを解約してみて映るかどうか実験してみるのが良いと思います。誰かに言われた場合は不思議と映ります。

 

実際に映らなかったら、次の段階に進めばいいだけなので気にするところではありません。ちなみに、映っている場合でもジェイコムと契約する必要はありません。

 

戸建の場合の確認方法

戸建の場合は、まず外に出て新鮮な空気を吸います。そして、自分の家にアンテナがあるか確認しましょう。一般的なモノだといわゆる鉄の棒みたいなのが集まったアンテナが屋根に乗っていると思います。

屋根に何も乗ってない場合は、近くの電柱から家に電線がつながっているので、その辺りに下のような物がないか確認します。


これらは箱型アンテナUFOアンテナと呼ばれる屋根に乗っているものと同じ機能を持つ地デジアンテナです。

グルっと家の周囲を回って家の外壁にこのようなモノがないか確認します。

曇りなき眼で見てもどこにもアンテナがない場合は、念のため屋根裏を確認します。木造の戸建てで電波のいい場所では、まれに屋根裏にアンテナを設置している場合があります。

アンテナがある場合→よほどぶっ壊れてない限りジェイコムをやめても地上波は映ります。ぶっ壊れていても修理すれば映ります。

アンテナがない場合→地上波が映らない可能性が高いので、次に進みます。ついでに近所の家の屋根や壁にアンテナがないか同じように確認しておいてください。隣接する近所の家の屋根にもまったくアンテナがない場合は電波障害地域の可能性があります。

アンテナがある場合のジェイコムとの切り替え工事

アンテナがある状態でジェイコムを解約した場合、電柱から伸びているジェイコムのケーブルと屋根とかに乗っているアンテナからのケーブルを差し替える必要がある場合があります。

この工事が必要な場合は、解約するとルーターやらSTBを引き取りにジェイコムがやって来る際にしてくれるみたいです。ただし、アンテナの不調やその後の電波の状況などは面倒を見てくれないので、不調があれば別途街の電気屋さんなどに相談する必要があります。

撤去工事の際は、テレビが映っているか確認して必要であればやってもらいましょう。そもそも、ルーターなどを家に取りに来るだけで2千円を容赦なく取られるので、しっかり確認してもらってもバチは当たりません。

ちなみに電柱から家の外壁に伸びているケーブル自体を撤去する工事は、頼むと6千円取られますのでとにかくジェイコムと接点を一切持ちたくないという強い希望がある方以外はしてもらわなくて大丈夫です。撤去しなくても問題ありません。

ジェイコムがちゃんとやってくれるか心配な場合は、ジェイコムとの固定電話の契約を残しておいて加入者の立場で強く出ると良いと思います。ジェイコムは固定電話のみの契約の場合、いつ解約しても違約金や解約金は発生しません。ただし、固定電話を解約した場合、ルーターを引き取りに来るだけでまた2千円取られます。

ジェイコムをやめて地上波を観る方法

自分でアンテナを買って設置する

大仕事のように思われますが、地デジアンテナは1万円程度でアマゾンで買えます。もっと安いものもあります。アパートやマンションの高い階や、家の周りに高い建物(電波の邪魔になるような大きな建物)がない場合は、ベランダに設置するなり屋根裏に置いとくなりしてしまえば地デジは映ります。

電波が良いところならテレビの横に安物のアンテナを置いておくだけで映ります。逆にものすごい田舎で電波塔が100キロ以上近くにないような場合はヤバイかも知れません。

とにかく低予算で地デジを観たい場合は、この方法を取りましょう。しかし、場所によっては天気の悪い日にテレビの映りが悪くなったり、特定のチャンネルが映らないこともありますので次の方法を取ります。

電気工事屋さんにアンテナを設置してもらう

安心確実に安くテレビを観られるようにしたい場合はこの方法になります。次に紹介するジェイコム以外の

ひかりTVなどと契約するよりも長い目で見れば安く済みます。

たまにアンテナのメンテナンス費用を考えたら、ケーブルテレビなどを契約した方が安いと言う人がいますが、今のアンテナは屋根の上に鉄塔を立てるようなモノではないので、台風で飛ぶ心配はありません。

ちゃんと電気屋さんに頼んだら、壁に取り付けるだけですので高くても5万円程度で工事してくれます。10年くらい引っ越す予定のない場合は、アンテナを取り付けましょう。

やり方は、近所の電気工事屋さんに頼むだけです。問題は電波障害地域の場合で工事を断られることです。この場合はアンテナを設置しても地上波は映らないので次の作戦に移ります。

ひかりなどを契約して地上波を観る

ひかりTVeoひかりテレビといったサービスを契約します。サービス内容によってBSやCSチャンネルもジェイコムと同じように観ることができます。アンテナを立てる必要はありませんが、月々のコストがかかります。

 

ジェイコムからネットを光に乗り換える予定の場合は、一番楽な方法になります。どのサービスにするかは各社それぞれ特徴がありますので、お好きなものを選べばよいと思います。

 

ちなみにauひかりTVは地上波が観れませんのでご注意ください。

ジェイコムで地上波だけを観る

ジェイコムを解約して地上波を観る方法と言ってましたが、ジェイコムを解約しない方法になりますので別記事に詳しくまとめました。実は安い方法になるかも知れません。

まとめ

まとめると、ジェイコムをやめて地上波を観るのに一番安い方法は、

 

  • マンションではとりあえずジェイコムをやめて映るのを祈る
  • 一戸建てでは自分で地デジアンテナを設置する

になります。

ひかりテレビなど契約すると月々最低でも千円はかかるので、1年で1万2千円、5年で6万円になります。今の家に5年以上住む予定ならアンテナを設置した方が良いでしょう。

逆に、5年以内に確実に引っ越すのであればeoひかりTVなりフレッツテレビなりを契約した方が安くなります。

また、電波障害地域でそもそもアンテナを設置しても意味がない場合は、ジェイコムの地上波だけ観るプランに切り替えるという最終手段もありますので状況に応じて選択しましょう。

コメント